自毛植毛・薄毛対策の植毛専門クリニック
植毛ならFUE植毛センター

0120-55-8765

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館202

【診療時間】
平日 11:00-20:00 / 土・祝日 10:00-19:30
【休診日】
毎週日曜日 / 第1、第2火曜日

BTRアーツ銀座クリニック アーツ銀座クリニック

コラムcolumn

2018.11.01

植毛の施術を受ける前に

男性型脱毛症に悩まされている方は少なくありません。一般的にAGAと呼ばれる男性型脱毛症は、遺伝の要素が強く、一時的な処置を施したとしてもどんどん症状が悪化してしまうことがあります。こうした男性型脱毛症への対策として、自毛植毛術という手段を選ぶ方は多く、現在までに多くの方が手術を受けています。

 

植毛についての知識

男性型脱毛症の症状が発症してしまうと、頭頂部の髪の毛が抜け落ち、額の生え際がどんどん後退してしまいます。人によっては、カツラやウィッグを使ってごまかしていることもありますが、夏場には頭部が蒸れてしまいますし、根本的な解決法とは言えません。
自毛植毛術とは、読んで字の如く自身の頭皮に毛包組織を直接植えるという手術を指します。自然に髪の毛を増やすことのできる方法として、男性型脱毛症の方からは多大な支持を受けている治療法です。植毛には大きく分けて二種類の方法があります。一つが人工毛植毛と呼ばれる方法で、もう一つが自毛植毛と呼ばれる方法です。どちらの植毛施術を選ぶも個人の自由なのですが、これから植毛を考えている方なら注意が必要です。
それぞれの方法にはメリットとデメリットがあるということを理解しておきましょう。メリットやデメリットを知らぬまま施術を受けてしまうと、後々後悔することになってしまう可能性もありますし、思い通りの結果にならなかった、ということも起こりかねません。こうしたことにならないよう、施術を受ける前にはしっかりとそれぞれの施術方法についてある程度の知識は身に付けておく必要があります。現在ではインターネットがありますから、情報を入手するのは容易いことですから、事前にしっかりとリサーチすることは忘れてはいけません。

 

人工毛植毛のメリットデメリット

人工毛植毛とは、ポリエチレンテレフタレートと呼ばれる素材からできた髪の毛のようなものを、頭皮に植え付ける手術を指します。植毛する量に制限などもないですから、髪の毛の抜け落ちている部分をほぼ万遍なく隠すことが可能となります。
植毛できる量が無制限、ということが人工植毛最大のメリットと言っても良いでしょう。人によっては広範囲にわたって脱毛症が進行していることもありますから、そうした症状でも比較的早い段階で治療が完了し、薄毛をカバーできるというのは大きなメリットと言えます。また、施術に掛かる費用は自毛植毛よりも安く、1本あたり250円~という価格で施術を受けることができます。比較的安価なうえに早い段階で薄毛を全て隠すことができるというのは魅力的です。
一方のデメリットですが、人によってはアレルギーが生じる恐れがあります。人工毛植毛の場合は人工物を植え付けるわけですから、必ず拒否反応を示します。近年では比較的改善されつつあるとは言うものの、100%アレルギーが起きないとも言い切れないのです。また、人工毛植毛の場合あくまで人工物を植え付けているだけですから、今後その毛が成長することはありませんし、数か月毎に抜けた毛を補充するため、続ける限り多額の費用が必要となります。数年、10年と継続すれば、数百万、一千万円となるでしょう。

 

自毛植毛のメリットデメリット

自毛植毛とは、自分自身の毛(毛包組織)を移植する手術のことを指します。一般的な男性型脱毛症の場合、頭頂部や前頭部が薄くなりますが、後頭部や側頭部には毛が残っていることが多いです。理由は、後頭部や側頭部の毛包組織は、DHTという男性ホルモンの代謝産物による悪影響を受けにくいからです。そのため、その部分の毛包組織を移植することで、薄毛を改善することが可能となるのです。
自毛植毛のメリットは、一度生着するとその後も髪の毛が成長、脱落を繰り返し、自分の髪の毛として扱うことができることです。現在の医療技術では、生着率も95%以上と言われていますから、高い確率で自分本来の髪の毛を取り戻すことができるでしょう。仕上がりも人工毛植毛に比べて自然ですし、一方のデメリットですが、手術費用が高額になるということが挙げられます。人工毛植毛に比べて倍以上費用が掛かることも多く、多額の初期投資が必要となります。また、自身の残された毛包組織を用いて手術を行うため、カバーできる範囲がある程度限定されます。後頭部・側頭部の髪を取り尽くしてしまえば、材料が無くなるということです。しかし、費用が高額になるという点に関しては、後々のメンテナンスがほぼ必要ないため、手術代金以上のお金が今後必要になることはない、というのはメリットです。カツラ、結着増毛、発毛育毛サロン、人工毛移植などは、続けて行く限り、お金を払い続ける必要があります。数百万、一千万円を超える日がきます。自毛植毛術は、1回50万円、あるいは100万円、200万円かかるかもしれませんが、その後のお金は不要になります。
男性型脱毛症に悩んでいる方の中には、自毛植毛手術を望んでいる方も多いでしょう。これから手術を検討しているという方は、まず植毛についての知識を身に付けることから始めましょう。急いては事をし損じるという言葉もあります。まずはじっくりと植毛の手術方法についての流れや費用、メリット・デメリットについても理解してから手術に臨むようにしましょう。

〒105-0004 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館202

0120-55-8765

【営業時間】平日 11:00-20:00 / 土・祝日 10:00-19:30
【休診日】毎週日曜日 / 第1、第2火曜日

FUE 植毛センター