自毛植毛・薄毛対策の植毛専門クリニック
植毛ならアーツ銀座クリニック

0120-55-8765

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館201

【診療時間】
平日 11:00-20:00 / 土・祝日 10:00-19:30
【休診日】
毎週日曜日 / 第1、第2火曜日

BTRアーツ銀座クリニック アーツ銀座クリニック

コラムcolumn

2019.09.21

自毛植毛の安全性

一般的に薄毛でお悩みの男性がする対策は手軽な育毛剤を使用するのではないでしょうか。現在、多数のメーカーから様々な種類の育毛剤が発売されていますが、効果はどれも同じようなものではないでしょうか。育毛剤はフサフサ生えてくるような効果が見込めるものではなく薄毛の進行を遅らせるか、現状維持をする程度の効果のものがほとんどです。そしてその次に思い浮かぶ薄毛対策としてはかつらで隠すという方法ではないでしょうか。かつらはつければ、薄毛が解消できますが、かつらの不自然さやかつらをかぶってのスポーツすることの不便さなどから若い方にはかなり抵抗があるのではないでしょうか。皆さんもあきらかにかつらをつけていると分かる中高年の方を一度は見かけた経験があるはずです。かつらは手軽なぶん愛用されているかたも多いと思いますが、いずれにしても薄毛の根本解決にはなりません。

やはりおすすめしたいのは自毛植毛です。自毛植毛は70年以上という長い歴史を重ねて試行錯誤の上に生まれた、完成度の高い合理的な外科医術です。 育毛剤や人工毛による薄毛対策とは違い、自分の髪の毛を半永久的に生やすことができる唯一の根本的治療法といえます。米国では年間約10万人が手術を受けている確かな実績もあり、2010年に日本皮膚科学会がまとめた薄毛治療ガイドラインにおいてもBランク(行うよう薦められる)という評価を受けていますが、植毛という男性のデリケートな悩みゆえに実際の体験談や実例が広まるこがほとんどなく、実際のところはどうなんだろうと不安に思われたり、疑問に思われる方が多くいらっしゃるのも事実です。そこで今回は皆さんが特に心配されている自毛植毛の安全性について詳しくご説明致します。

自毛植毛は世界でスタンダードな薄毛治療

1939年に日本の奥田医師により初めて手法が発表された自毛植毛手術は、その後も進化を続けながら世界中で広く一般的に行われています。一切の異物を身体に入れず自分自身の体組織を使うので免疫拒絶反応もなく、非常に安全性の高い手術といえます。生きた毛髪を移植するので抜けてもまた生え変わり、移植した毛はメンテナンスが不要です。一度定着すると自分自身の他の髪と同じように伸び、残っている髪となじみやすいので違和感もなく、メンテナンスも不要なので深刻な薄毛に悩む方にはおすすめす。

自毛植毛は皮膚科学会(※)でも認められている信頼ある薄毛治療です

日本全国に1000万人以上の薄毛に悩む人がいろと言われております。薄毛治療にはさまざまな方法があり、その選択肢の中からご自身に最良の薄毛治療を選ぶ必要があります。アーツ銀座クリニックが行う自毛植毛は皮膚科学会でも認められている、医療機関が勧めるバランスのとれた薄毛治療です。お体の負担を最小限に抑え、薄毛に関するコンプレックスをスピーディーに解決し、より満足いただけるように考案された、最良の治療法と言えます。
※皮膚科学会と毛髪科学研究会(SHSR)の共同事業(東京医科大学、大阪大学、順天堂東京江東高齢者医療センター、北里大学、くらた医院、日本医科大学、秋田大学)

薄毛の根本的解決方法は医療の力しかありません

男性の薄毛のほとんどを占めるAGAの原因は、5α-還元酵素によって男性ホルモンであるから生成されたDHT(ジヒドロ・テストステロン)という物質であると考えられています。 このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結合すると、髪の毛の成長サイクルが乱れてしまい、毛髪が縮小(細く、弱く)してしまいます。 DHTにより細く弱くなってしまった毛髪を元に戻す薬は今のところ存在しません。なのでシャンプーやマッサージ・育毛剤や、食生活や生活習慣の改善で薄毛が根本的に解決することは今の科学では非常に難しいです。

やはり、医療の力を必要とする自毛植毛は安全性が高く効果も明白なのが魅力ではないでしょうか。

〒105-0004 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館201

0120-55-8765

【営業時間】平日 11:00-20:00 / 土・祝日 10:00-19:30
【休診日】毎週日曜日 / 第1、第2火曜日

アーツ銀座クリニック