自毛植毛・薄毛対策の植毛専門クリニック
植毛ならアーツ銀座クリニック

0120-55-8765

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館201

【診療時間】
平日 11:00-20:00 / 土・祝日 10:00-19:30
【休診日】
毎週日曜日 / 第1、第2火曜日

BTRアーツ銀座クリニック アーツ銀座クリニック

コラムcolumn

2020.02.25

植毛手術の前後や当日に食事制限はある?

病院で何かしらの検査や手術を受けるとき、その前後の食事を制限されることがあります。
これは、不適切な飲食物(成分)を体内に取り込むことで、検査や手術に支障をきたさないようにするためです。
では、自毛植毛をする前日や当日、あるいは術後数日間に食事制限はあるのでしょうか。
というわけで、ここでは植毛手術前後の食事についてまとめています。
また、薄毛改善効果を期待できる食品、毛髪に悪影響を及ぼしかねない食品についてもピックアップしてみたので、あわせてご覧ください。

いい食事

■血行促進効果のある飲食物は控える
基本的に植毛手術当日、あるいはその前後の食事に特別な決まりや制限はありません。
朝昼晩、いつも通りに食事をすることが可能です。
ただし、植毛手術前日から術後2~3日の間は、アルコールや刺激物を口にするのは避けましょう。

○アルコール
過度な飲酒はトラブルのもとですが、適量であればアルコールの摂取は体に良いとされています。
たとえば、アルコールには胃の動きや蠕動(ぜんどう)運動を活発化させる働きがあり、これによって食欲増進の効果が期待できます。
また、人間の理性や行動に関係している大脳皮質の活動を鈍らせる働きがあるのもポイントです。
ストレスや緊張が緩和され、リラックス効果が生まれます。

その一方で、血行促進作用がある点に注意が必要です。
血管を拡張させ、血の巡りを良くするこの効果は、本来なら体温上昇や疲労回復に役立ちます。
しかし、血行が促進されている状態で植毛手術を受けると、メスを入れた際に出血量が増す可能性があります。また手術後の飲酒も、出血を誘発して傷の治りを遅くしてしまうことが考えられます。

○刺激物
辛味や渋みなどが強い飲食物全般を指します。
特に辛味のある飲食物、具体的にはスパイスや香辛料を含む飲食物は要注意です。
このような刺激物もアルコールと同様に、食欲増進効果や疲労回復効果がある一方で、血行を改善する働きがあります。
この働きによって、
・手術中の出血量が増す
・術後の出血の原因となる
・移植部が腫れやすくなる
といった事態を招くことも考えられるので、手術の前後はなるべく口にしないようにしましょう。

 

■薄毛に効果的とされる食品
ここからは、薄毛の改善効果が期待できる食品についてまとめてみました。
以下の食品は植毛手術の前後だけに限らず、日常的に率先して摂取するといいでしょう。
現在薄毛に悩まれている方、自毛植毛後も薄毛をケアしたい方に特におすすめです。

○大豆製品
とうふや納豆といった大豆製品には毛髪の主な成分であるタンパク質、特に効果的とされる植物性タンパク質が豊富に含まれています。
また、薄毛・抜け毛の原因である酵素「5αリダクターゼ」の抑制に役立つ大豆イソフラボンや亜鉛が多く含まれているのもポイントです。
大豆製品を積極的に摂取することで、薄毛・抜け毛を予防しつつ、毛髪の生育を促す効果が期待できます。

○海藻類
海苔やワカメなどの海藻類には、ミネラルやカルシウム、亜鉛、ビタミンなど、髪質を向上させる成分が豊富に含まれています。
髪質が向上することで、薄毛・抜け毛の進行を緩和させられる可能性があります。

 

■毛髪に悪影響を及ぼしかねない食品
一方、毛髪の質を低下させ、薄毛を促進させかねない食品もあります。
たとえば、肉類や乳製品は代表的な例です。
これらの食品は毛髪の主成分であるタンパク質を豊富に含んでいる反面、脂肪分を多く含んでいるという欠点もあります。
脂肪分を過剰に摂取しすぎると、皮脂が多く分泌されるようになり、頭皮の毛穴に詰まってしまいます。
その結果、「脂漏性脱毛」を引き起こすリスクが高まります。
くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

〒105-0004 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館201

0120-55-8765

【営業時間】平日 11:00-20:00 / 土・祝日 10:00-19:30
【休診日】毎週日曜日 / 第1、第2火曜日

アーツ銀座クリニック