自毛植毛・薄毛対策の植毛専門クリニック
植毛ならアーツ銀座クリニック

0120-55-8765

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館201

【診療時間】
平日 11:00-20:00 / 土・祝日 10:00-19:30
【休診日】
毎週日曜日 / 第1、第2火曜日

BTRアーツ銀座クリニック アーツ銀座クリニック

コラムcolumn

2019.09.11

「自毛植毛」と「人工植毛」

「薄毛・抜け毛・ハゲ」でお悩みの男性の方の対策としては、シャンプーを育毛シャンプーに替えたり、育毛剤を使用するなどが多いのではないでしょうか。その他サプリメントを取り入れたり医療機関でAGA(男性型脱毛症)の診察を受け飲み薬の処方を受けたりなどする方も最近では増えてきています。いまだはっきりとは解明されていませんが、ハゲには遺伝が大きく関係しているので、さまざまな薄毛対策をされてもなかなか効果が出にくい場合もあります。
では、植毛はどうかというと育毛や増毛に比べ「植毛はちょっと。。。」とハードルが高くなってしまうのではないでしょうか。植毛は医療行為にあたりメスを使用する手術を想像したり、費用が高いのではないかなど、まだまだ多くの方に正しい情報が認知されていないようです。医療行為だからこそ安全性も高く、満足のいく効果が得られる植毛のメリットをご紹介致します。

メリットとデメリット

植毛には自毛を使った「自毛植毛」と人工毛を使用する「人工植毛」の2種類があります。どちらも医療行為にあたるため、植毛をするには医療資格のあるクリニックや植毛を専門とする医療機関でしか手術を受けることができません。

○自毛植毛
自毛植毛は薄くなってしまった前頭部・頭頂部に男性型脱毛症(AGA)の影響をほとんどうけることがない後頭部や側頭部の毛根を外科的に採取し、前頭部や頭頂部の薄くなった部分に移植する手術です。移植した毛髪は薄毛になりにくい性質を保ったまま定着し、一生涯、生え変わり続けます。自分自身の毛髪なのでアレルギーなどの拒絶反応も無く皮膚トラブルになることなく安全かつ自然な状態で薄毛を解決する事が出来るのが自毛植毛治療になります。また、自毛植毛にもメスを使用して行うものや当院のようにメスを使わない方法などがあります。


○人工植毛

人工植毛は人工の毛を使用するので何本でも植毛することができ、自毛植毛とは違い他の部位が薄くなることはありません。また、費用も安いという利点もあります。ただし、自毛植毛とは違い体内の異物を植え込むことになるので、拒絶反応が起こり様々なトラブルが起こる可能性が高くなります。人工毛が合わない場合は移植した毛穴が塞がらず、そこから細菌などが入り化膿してしまうので、人工毛が定着するどころかで毛穴を傷めてしまいます。そのため、アメリカのFDA(食品医薬品局)では人工植毛は禁止となっており、日本皮膚科学会のガイドラインにおいても、人工毛植毛術は推奨度Dの「行わないように勧められる」になっています。

以上のように「自毛植毛」と「人工植毛」はどちらも医療行為になりますが、使用する毛が違うために治療の流れやリスクも大きく違いがあります。
アーツ銀座クリニックでは日本皮膚科学会でも薄毛治療に薦められると認められた自毛植毛を最新の技術で行っております。自毛植毛は移植した毛が定着し生えてくるまでに約3ヶ月、6ヶ月程度で移植した毛髪がほぼ生え揃い。術後1年で発毛した髪は太く長く成長し、ヘアスタイルも思いのままにすることができます。当院はいわゆる植毛専門クリニックではございません。皮膚科も併設されており、薄毛に悩む多くの方の治療も行っております。例えば植毛には適さない患者さまには無理に植毛をお勧めはいたしません。専門医が患者様に適した最適の治療法のご案内も行っておりますので薄毛でお悩みの方はお気軽に当院までご相談ください。

〒105-0004 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館201

0120-55-8765

【営業時間】平日 11:00-20:00 / 土・祝日 10:00-19:30
【休診日】毎週日曜日 / 第1、第2火曜日

アーツ銀座クリニック