自毛植毛・薄毛対策の植毛専門クリニック
植毛ならFUE植毛センター

0120-55-8765

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館202

【診療時間】
平日 11:00-20:00 / 土・祝日 10:00-19:30
【休診日】
毎週日曜日 / 第1、第2火曜日

BTRアーツ銀座クリニック アーツ銀座クリニック

AGAについてabout AGA

  • HOME
  • AGAについて

AGAとは?

AGA≒毛密度が通常時の50%以下の状態

男性型脱毛症(androgenetic alopecia、AGA)は、主に男性に見られる脱毛症のことです。AGAの典型的な症状としては、額の生え際の後退や、頭頂部の毛髪の縮小が見られます。結果として頭部の地肌が見えるくらいまで毛密度が低下し、いわゆる禿頭の状態になります。 どこからどこまでがAGAという定義はありませんが、一般的には毛密度が通常時の50%を下回る場合、AGAと診断されることが多いようです。

AGAの原因

AGAには遺伝的、環境的な要因が複雑に絡まっていると言われ、完全に原因が究明されているわけではありませんが、リスクの一つとして特定されたものにジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone, DHT)という男性ホルモンの一種があります。

ジヒドロテストステロンは体内酵素5α-リダクターゼの働きによって男性ホルモンであるテストステロンから生成され、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつき、髪の毛の成長サイクルを狂わせてまうと言われています(図)。
5α-リダクターゼにはタイプIとタイプIIの二種類が存在し、AGAが出現する前頭部と頭頂部にはタイプIIの5αリダクターゼが主に存在することが判っています。

AGAの原因

AGAチェックリスト

男性の薄毛のうち90%以上はAGAであると言われています。 AGAかどうかを判定する目安はいくつかありますが、その代表的なものは以下のとおりです。

家族や親戚に薄毛の人がいないかどうか。
AGAは遺伝的要因が非常に強いと言われています。父親や祖父、兄弟や親戚に薄毛の人がいる場合、AGAの遺伝を受ける可能性があります。
抜け毛に細く短くなった「くせっ毛」が多くないか。
AGAの症状は髪の毛の縮小・ミニチュア化です。枕やシーツに落ちている抜け毛が細く短いものが多い場合、AGAである可能性が高いと言われています。
薄毛は進行しているか。
AGAは進行性の脱毛症です。髪の毛が一気に大量に抜け落ちたり、生まれつき少ないということではなく、時間をかけて徐々に減ってきた場合、AGAが疑われます。
薄毛の部位は生え際や頭頂部に限られるか。
AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの影響を受ける部位は、生え際や頭頂部に限られ、側頭部や後頭部の脱毛は起こりません。脱毛部位が生え際・頭頂部に限られる場合、AGAと診断されます。
髪の毛の状態が細くなってきていないか。
髪にハリやコシといったものがなくなり、いわゆる「猫っ毛」になってきたというのもAGAの典型的な初期症状です。

AGAのお悩みは 医学的に確実な効果が認められた
自毛植毛で解決できます。

〒105-0004 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館202

0120-55-8765

【営業時間】平日 11:00-20:00 / 土・祝日 10:00-19:30
【休診日】毎週日曜日 / 第1、第2火曜日

FUE 植毛センター